本文へスキップ

大阪シンフォニック クヮイア Osaka Symphonic Choir (OSC)

団長メッセージ

 ヴェルディ「レクィエム」そしてハイドン「天地創造」

(28・10・17 月曜日)


★ ヴェルディ「レクイエム」演奏会、成功裏に終了!
★ ご来場の皆様、有難うございました。

 
快晴の演奏会日和。ジュゼッペ・ヴェルディの生誕日(10/10)にヴェルディ「レクイエム」を合唱236名で演奏。お客様の出足も好調で合計2300名を超えるご来場、新装成ったフェスティバルホールの定員席数2524席が殆ど埋め尽くされました。
 ほぼ満員状態の会場で、立派に演奏会を成し遂げることが出来ました。この成功は、私達の奏でる音楽をお聴き下さったお客様の存在に拠るものです。衷心よりお礼申し上げます。
 そしてマエストロの指揮に導かれたソリスト(ソプラノ:木下美穂子さん、メゾ・ソプラノ:重松みかさん、テノール:宮里直樹さん、バリトン:福島明也さん)の皆様、そして大阪フィルハーモニー交響楽団、OSCの合唱が方向性を一に、気持ちを合わせた演奏が皆様の共感を得たものと自画自賛しております。アンケートや団員に寄せられた感想でも称賛の内容が多く一同感激、次の取り組みに向けての大きなエネルギーを得ました。
 表周りで配慮不足なことがあり、ご迷惑をお掛けしたお客様がいらっしゃったかと思います。お詫び申し上げますとともに、今後の取り組みに向けてその内容を整理反省し改善対応を行い、今後に生かしたく存じます。