本文へスキップ

大阪シンフォニック クヮイア Osaka Symphonic Choir (OSC)

Profile

歩み

 大阪シンフォニック クヮイアは、ベートーヴェンの「第九交響曲」を演奏するアマチュア混声合唱団として

1979年7月 『枚方フロイデ合唱団』の名称で、枚方、寝屋川地域を中心に発足。

指揮者をはじめとする優秀な指導者の尽力により、演奏レベルが向上するに従って、遠方からの参加者も増加した。

さらにより広い地域から、より多くの人達が合唱の輪に参加出来るようまた、合唱団の更なる発展向上を期して

1995年9月 名称を

   大阪シンフォニック クヮイア(Osaka Symphonic Choir) 
    略称:  OSC  と改めた。

指導者に非常に恵まれた環境にあって、毎週の練習日には、発声法の基本から

綿密な指導を受け、演奏技術のレベルアップを目指している。

OSCは当初から、オーケストラと共演する大規模な合唱曲に取り組むことを基本とし、

ベートーヴェン の「第九交響曲」をはじめ、ミサ曲、レクイエム、オラトリオなど、

主に古典曲を取り上げてきたが、現代曲にも挑戦するなど、

私たちが知らないような埋もれている素晴らしい曲にも積極的に取組み称賛を得ている。

2001年9月 ジェラルド・フィンジ「不滅の暗示」日本初演。

2003年3月 ベルリオーズ「テ・デウム」を演奏。

             
                  (ザ・シンフォニーホールにて)

2004年4月 フレデリック・ディーリアス 「海流」を日本初演し,英国等海外からも注目を集め、

DELIUS TRUST(英国・ディーリアス基金)から助成を受けた。

これは日本初の栄誉なこと。

2005年6月 創立25周年記念として ヴェルディ「レクイエム」を演奏。

2007年8月 この演奏会のためにはるばるイギリスから来日して下さった

英国ハダスフィールド合唱協会(HCS)、トリニティ少年合唱団(TBC)の皆さんと、

ブリテン「戦争レクイエム」を合同演奏しました。

 
                (大阪 フェスティバルホールにて)

2010年4月  創立30周年記念として ヘンデル「ユダス・マカベウス」を演奏、
      また英国ハダスフィールド合唱協会(HCS)の演奏会にも出演し、
      地元英国紙で高い評価を受けました。

2012年2月 (財)枚方市文化国際財団主催の演奏会に出演
      ワーグナー 歌劇「タンホイザー」「ローエングリン」
      「ニュルンベルグのマイスタージンガー」より合唱曲他を演奏

2012年10月 メンデルスゾーン「聖パウロ」を公演

2012年5月 OSC傘下に新コーラスグループ OSCm(メイト)がスタート

2014年 2月 ドヴォルザーク「スターバト・マーテル」(悲しみの聖母)を公演

2015年 1月 創立35周年記念としてモーツァルト:ミサ曲ハ短調「大ミサ」を公演

2015年2月 大阪市内の御堂会館に練習会場(木曜クラス)を開設しました。

2015年3月 創立35周年記念パーティーを開催

2015年11月 フォーレ「レクィエム」を公演

2016年10月 ヴェルディ「レクィエム」を公演(フェスティバルホール)

2017年 8月 ハイドン「天地創造」をザ・シンフォニーホールにて公演予定


指揮・先生紹介


指揮 :

目標イメージ湯浅  卓雄

現在、最も国際的な活躍が目覚ましい日本人指揮者の一人である湯浅卓雄は、
大阪に生まれ、高校卒業と同時に奨学金を得てアメリカに留学。
オハイオ州立シンシナティ大学音楽院作曲理論科を卒業、その後,
ウィーン国立音楽大学指揮科でハンス・スワロフスキーに師事。
また、フランコ・フェラーラ、イーゴリ・マルケヴィッチ、
ロヴロ・フォン・マタチッチなどにも師事。

1976年 ウィーン・トンキュンストラー管弦楽団を指揮してデビュー。
1979年 フィテルベルク国際指揮者コンクールに入賞、
ワルシャワ国立フィルハーモニーなどに登場して欧州各地で着実に実績を
重ねる一方、日本でも1984年から5年間、群馬交響楽団指揮者を務める。

1989年から1994年までBBCスコットランド交響楽団首席客演指揮者、
1997年から2005年まで英国・アルスター管弦楽団首席客演指揮者を歴任するなどイギリスを中心に活躍。

世界各地からの客演も極めて多く、これまでにロンドン・フィル、ロイヤル・リヴァプール・フィル、
ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管、ハレ管、ボーンマス響等のイギリスの他、フランス国立管、
アイルランド国立響、オスロ・フィル、デンマーク放送響、アイスランド響、ベルリン響、スペイン放送響、
ブルッセル・フィル、ロイヤル・フランダース響、ルクセンブルグ・フィル、ストラスブール・フィル、ラハティ響、
ザグレブ・フィル、ポルト国立響、シドニー響、クイーンズランド響、ニュージーランド響、香港フィルなどをはじめ
各国の主要オーケストラに度々客演。

その間、ロンドン・プロムス音楽祭、ワルシャワ現代音楽祭、クイーンズランド音楽祭、香港音楽祭などにも出演。 
合唱団も、パリ管合唱団、エディンバラ・フェスティバル合唱団、リヴァプール・フィルハーモニック合唱団、
リーズ・フェスティバル合唱団、ハダスフィールド合唱協会、スペイン放送合唱団等と共演するなど、海外での充実した
活動に加え、日本国内でも各主要オーケストラと共演を重ねている。 

また、EMIとの2枚のCDに加え, BBC, ABCレーベル等への録音をする他、
1996年からは『ナクソス』レーベルと契約を結び、次々とリリースされるCDにおいても高い評価を獲得している。
その中でも、注目のシリーズ『日本作曲家選輯』では中心的な存在として日本作品の普及に貢献。
2007年井植文化賞文化芸術部門受賞。
2008年国際ソロプチミスト「千嘉代子賞」受賞。

2017年3月まで東京藝術大学演奏藝術センター教授を務める。

 湯浅卓雄後援会のページはこちらからどうぞ




目標イメージアドヴァイザー :

益子  務

渡米中、ロジェ・ワグナー合唱団を経てバリトン歌手としても活躍。
そのリサイタル、コンサートは世界各国に及び、アメリカではニューヨーク、
シカゴなど全米42州で、リサイタル、音楽祭、放送などに出演。

ドイツではベルリン国際音楽祭、ドレスデン国際音楽祭などでリサイタルに出演し、イタリアではミラノ、トリノ、ローマ等々でリサイタルに出演。
スペイン、フランス、オーストリア、ロシア、ポーランド等、ヨーロッパ各国の
主要都市での演奏会に出演した。
演奏活動はオペラの分野にも及び1968年から2000年にかけてアメリカの各地で、
指揮者、ソリスト、演出家として活躍した。

日本でも、関西二期会、堺シティオペラ、大阪オペレッタ協会などで活躍。
指揮者としても、ホワイトウォーター・オペラ(アメリカ)、モーツァルト室内管弦楽団・合唱団、
西神戸混声合唱団客演指揮者、カメラータ・シンフォニカ・ボヘミア(チェコ)などを指揮。

教育者・研究者としても幅広く活躍中。
1977年より武庫川女子大学音楽学部教授(声楽・音楽療法)。
バルセロナ市立音楽大学(スペイン)、ドレスデン国立歌劇場、ワイマール音楽大学(ドイツ)、
ノヴォシビルスク国立グリンカ音楽大学(ロシア)などで客員教授として声楽を教える。
日本音楽療法学会認定の音楽療法士でもあり、同分野の権威者でもある。
音楽心理学、地下鉄道(Underground Railroad)に関する研究、ゴスペルの暗号(Underground Railroad)等々
、多岐に亘る著書もある。

大阪シンフォニッククヮイアは2001年9月から、その指導に当たっている。


目標イメージ練習指導者 :

湯浅  茂子

大阪音楽大学付属音楽高等学校、大阪音楽大学声楽科卒業。
同大学学部専攻科、大学院オペラ科を修了。
上木惇、樋本栄、柴田睦陸、伊藤京子の各氏に師事

NHK主催 毎日新聞社後援 第25回全日本学生音楽コンクール独唱の部
全国第一位受賞。
日伊コンコルソに入選。

1980年(昭和55年度)、文化庁国内研修員に選ばれる。
1979年関西歌劇団に入団以来、1985年退団までに関西歌劇団
創立30周年記念として開催された「小宰相の結婚」への出演を皮切りに、
「ラ・ボエーム」ムゼッタ役、「運命の力」プレチオシッラ役、「フィガロの結婚」スザンナ役、
「魔笛」侍女役などのオペラ公演に出演する。

日本演奏連盟推薦リサイタルを始め多くのコンサートに出演。

1982年渡欧し、ウィーン国立音楽大学オペラ科を経て、リート・オラトリオ科を卒業。
オペラをカール・エッティ、ハンス・ツィンマーに、リート・オラトリオをクルト・エクビルツに師事。
その間、ウィーン・モロカナ教会の専属歌手として活躍。

1985年ウィーン芸術週間において、ベートーヴェン オラトリオ「オリーブ山のキリスト」の独唱を務める。
帰国後もリサイタルや多くのコンサートで活躍。
1987年から2012年3月まで青山短期大学非常勤講師。

2001年9月から大阪シンフォニッククヮイアの合唱指導に当たっている。


石原 祐介

崇徳高校、京都産業大学に在学中はグリークラブに所属し、
男声合唱にあけくれる青春時代を過ごす。
その後、京都市立芸術大学、同大学院音楽研究科声楽専攻を卒業、修了。
卒業時に音楽学部賞を受賞。
第21回飯塚新人音楽コンクール声楽部門第2位。

これまでに「第九」、「エリア」、「カルミナ・ブラーナ」、
「ドイツ・レクイエム」のバリトン独唱や、バッハ、モーツァルトなどの
宗教曲の独唱者を務める。

オペラでは、「フィガロの結婚」フィガロ役、アルマヴィーヴァ伯爵役、     
「ドン・ジョヴァンニ」表題役、「ラ・ボエーム」マルチェッロ役、「ジャンニ・スキッキ」表題役、
「ドン・パスクァーレ」マラテスタ役、「愛の妙薬」ベルコーレ役、「祝い歌が流れる夜に」金沢公一郎役
「夕鶴」運ず役などに出演。

合唱音楽の分野では、世界合唱連合(IFCM)が主催する、World Youth Choirや、World Chamber Choirの
日本代表メンバーに選ばれ、アジア、ヨーロッパ各地でのコンサートツアーに参加した。
また、トヌ・カリュステ氏、テオドラ・パヴロヴィッチ女史、エルヴィン・オルトナー氏、松原千振氏による合唱指揮マスタークラスを修了。その他、アマチュア合唱団の指導を複数の団体で務めている。

声楽を 灘井誠、山口はやとの各氏に、指揮法を青木邦夫氏に、合唱指揮を 吉村信良氏に師事。
現在、京都市立芸術大学音楽学部非常勤講師。JCDA日本合唱指揮者協会会員。
同志社グリークラブボイストレーナー。あふみヴォーカルアンサンブル、アンサンブル・ルーチェ各トレーナー。
京都バッハ合唱団団員。


宮脇 貴司 : 練習指導&ピアニスト 

目標イメージ大分県 私立大分高等学校音楽科卒業。
武蔵野音楽大学卒業。
秋田大学大学院教育学研究科修了。

2000〜2001年
 尚美ミュージックカレッジ専門学校のミュージカル科の伴奏を務める。
2002年
 大仙市大曲新人音楽祭コンクールにて奨励賞受賞。
2003年
 愛知県立芸術大学作曲学科より依頼を受け読売新人演奏会において
 新作初演を行う。
2006年
 韓国にてAsia grand piano concert in EWON cultural centerへ参加。
2008年
  ピアノトリオを結成。東京・大阪にて公演
2010年〜
 NHK文化教室上級コーラスの伴奏者を務めている。
2011年
 詩人ヴェヴォルト・コスロフスキー(ハインリッヒ・ハイネ大学哲学科講師)との詩と音楽のコラボレーション企画においてR.シュトラウス『イノック・アーデン』および独奏で国内(大阪、京都、岡山、神戸)、
国外(ドイツ:デュッセルドルフ、ミュンヘン、ベルリン、ハノーファー、スイス:ベルン)にて公演。

リサイタルをはじめ声楽及び各種器楽との共演も多い。
ふくやま日本歌曲塾演奏会員。

2015年2月より大阪シンフォニッククヮイアにて指導に当たる。

練習ピアノ :



目標イメージ松園 洋二

京都市立芸術大学音楽学部作曲専修卒業。音楽学部賞受賞。同大学院修了。

主な作品に、音楽物語「きつねのおきゃくさま」、
歌曲集「工藤直子の詩によるうたの絵本」などがある。

作品を発表する傍ら、伴奏ピアニストとしても幅広く活動。
京都フランス音楽アカデミーや数々のコンクールにて伴奏を務める。  

京都フィルハーモニー室内合奏団のピアニストを経て、
現在平安女学院大学子ども学部准教授。

京都市立芸術大学指揮科(伴奏)及び大学院オペラ演習(伴奏)非常勤講師





目標イメージ佐甲 寿美

大阪音楽大学短期大学部卒業後、同大学専攻科ピアノ専攻修了
故北井康代氏に師事

草津国際音楽祭&アカデミーに参加、
ソロはF.ラドシュ・A.シピリ他のマスタークラス修了、
室内楽は奨学生としてピアノトリオとヴァイオリンとのデュオで参加、
修了コンサートに出演

大学在学中より、合唱伴奏・コンクールやリサイタルの伴奏等・
室内楽の分野で活動

2007年より毎年ピアノトリオやヴァイオリンとのデュオリサイタルを開催し、2012年からはヴァイオリニスト伊藤真理子と
ベートーヴェンヴァイオリンソナタ全曲演奏に取り組んでいる。  

現在 大阪成蹊短期大学非常勤講師 平安女学院大学嘱託講師
日本ピアノ教育連盟・高槻音楽家協会 各会員



目標イメージ 北口 裕子

大阪芸術大学演奏学科ピアノ専攻卒業。
卒業後6年間、副手として同大学演奏学科勤務。
オペラ、合唱等の伴奏を担当。
ピアノを故田中暢子・山田康子の両氏、チェンバロを河野まり子氏に師事

草津夏期国際アカデミーにてE.ピヒト=アクセンフェルト氏の
マスタークラス修了

モーツァルトの2台のピアノのための協奏曲・バッハのチェンバロ協奏曲・
ブランデンブルク協奏曲などのソリスト、
メサイアなどオラトリオ・カンタータの通奏低音奏者として等、
多くの演奏会に出演。

器楽・声楽・合唱の伴奏など幅広く演奏活動をおこなう。
特に大阪交響楽団とは、特別演奏会、文化庁公演のソリストとして共演する他、
オーケストラ中でのピアノ・チェレスタ演奏、合唱やソリストの伴奏などをつとめる。




目標イメージ松川 峰子

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科を経て神戸女学院大学音楽学部卒業。
同大学院音楽研究科修了。

ハンナ・ギューリック・スエヒロ記念賞(大学院)受賞。
第6回安川加壽子記念コンクール入選。
日本演奏連盟主催「演連コンサート」オーディション合格。
いずみホールにてリサイタルを開催。
NYサミットミュージックフェスティバルの他、フランス、ポーランドにて
マスタークラスを受講。
オーケストラとの共演、日本ショパン協会推薦演奏会、
大澤壽人作品の初演など出演多数。
宮澤晶子、山岡真弓、N. ユジャニン、池田洋子の各氏に師事。
ソロ、アンサンブル、伴奏など幅広い活動を行っている。



過去の演奏会 


information

大阪シンフォニック クヮイア

  
  水曜クラス 125名
  木曜クラス  53名
  金曜クラス  52名
 
 3クラス総団員数 230名
  (2017年2月末現在)

略称 OSC

   
一流のオーケストラと共演する
混声合唱団です。