本文へスキップ

大阪シンフォニック クヮイア Osaka Symphonic Choir (OSC)

OSC新着情報

 日  2017年
 5  13、14 マエストロをお迎えし ”ユニトピアささやま”にて「天地創造」の合宿練習を行いました。 
 4  26  次回取組曲「大地讃頌」団員募集のチラシ完成。PR活動開始しました。
 2 26   マエストロをお迎えし、今回取組曲ハイドン「天地創造」の初の合同練習が行われました。
 1  11  次年度の取り組み曲が「大地讃頌」と決定しました。
 月 日   2016年 
 8  3  来年8月6日シンフォニーホールで開催のハイドン「天地創造」のソリストが決定しました。
ソプラノ:安井陽子、テノール:中嶋克彦、バリトン:青山 貴
 7 17,18   マエストロをお迎えし ”ユニトピアささやま”にてヴェルディ「レクィエム」の合宿練習を行いました。
 7 6   次回演奏会取組曲ハイドン:オラトリオ「天地創造」の団員募集チラシが出来ました。
新たな団員を迎え感動と感激を!
 4 20  ヴェルディ「レクイエム」のチラシが刷り上がりPR・練習にも力が入ります
 4 13  運営委員会を開催し次回取組み曲はハイドン「天地創造」と決定しました
 3  27  マエストロご指導による水・木・金3クラス合同練習と新入団員歓迎会を行います
 2  17   第28回 団員総会を開催し、2015年の活動経過、会計報告及び監査報告、
2016年の活動内容、予算案を承認しました。
また団長に岡副 大が選任され運営委員が委嘱されました。
 1 29   金曜クラスが発足以来10年を経過し、10周年を祝う新年会を催しました
 日  2015年
 11 11   次の取組み曲ヴェルディ「レクィエム」の練習が水曜クラスを皮切りに始まりました
 11  6  木曜クラス開設後初の合同演奏会フォーレ「レクィエム」がザ・シンフォニーホールにて盛大に行われました
       
 9  26.27  キンモクセイが香る ”ユニトピアささやま”にマエストロをお迎えし
フォーレ「レクィエム」演奏会の合宿練習を行いました。
 8  16  フォーレの次の取組み=ヴェルディ「レクィエム」に決定!
 【日程】 2016年10月10日(月・祝)
 【会場】 フェスティバルホール
 6 24   次回演奏会フォーレ「レクィエム」等のチラシが刷り上がりいよいよ練習にも力が入ります
 5  27   OSC傘下のOSCm(メイト)が総合福祉センターを訪問し3度目の演奏「合唱の集い」を披露しました。
 5  24  今年度は木曜クラスを新たに開設したこともあり多くの新入団員を迎えました。
5月24日恒例の新入団員歓迎会を開催しマエストロより歓迎と激励のお言葉を頂き、
また食事をしながら新入団員ひとりひとりユーモアたっぷりの自己紹介があり楽しいひと時となりました。
 3  15  湯浅卓雄マエストロはじめ諸先生方にご出席頂き創立35周年記念パーティーを開催しました。
          
              (*益子アドヴァイザー、松園先生は都合によりご欠席)
               素晴らしい指導者に恵まれたOSCです
 3  11  第27回 団員総会を開催し、2014年の活動経過、会計報告及び監査報告、
2015年の活動内容、予算案を承認しました。
また団長に岡副 大が選任され運営委員が委嘱されました。
 2  27  金曜クラスでは新人歓迎会+新年会を行いました。
 2  25  次回演奏会フォーレ「レクイエム」に加え追加の2曲は
          @ シューベルト:Stabat Mater (D175)
          A アイルランド(John Ireland):Greater Love hath no man
と決定しました。
 2 5   大阪市内での練習会場・御堂会館にて木曜クラスを開設しました。
 2  4 次回演奏会取組曲フォーレ「レクイエム」の譜読みを始めました。(水曜クラス) 
 1 25   創立35周年記念演奏会をザ・シンフォニーホールで行いました。
【第1部】★ モーツァルト「3つの行進曲」、「アヴェ・ヴェルム・コルプス」、「サンタ・マリア」
【第2部】★ モーツァルト: ミサ曲ハ短調「大ミサ」

          
        
 日  2014年
 12  17  フォーレ「レクイエム」のソリスト決定
 ソプラノ:藤木大地(カウンターテナー) バリトン:福島明也
12   1  FM枚方の番組、生放送「かふぇどすてーしょんMON」にOSCから4名出演し、
OSCの魅力を伝えられたのではないかと思います。
11   30 来年 新しく開設する練習会場(御堂会館)にマエストロをお迎えし、公開練習を行いました。
 11 15/16  マエストロをお迎えし ”ユニトピアささやま”にてモーツァルト:ミサ曲ハ短調「大ミサ」演奏会の合宿練習を行いました。
               
 11  5 フォーレ「レクイエム」の取組に向け本格的な団員募集チラシが刷り上り、各演奏会場で配布をはじめました。 
10 22  OSC傘下のOSCm(メイト)が保育所を訪問し2度目の演奏「合唱の集い」を披露しました。
10  1 臨時の運営委員会を開催し、35周年記念演奏会後の取組曲をフォーレ「レクイエム」と決定し団員募集を図ることとしました。
 9  17  第26回 団員総会を臨時開催し大阪市内での練習会場(御堂会館)木曜クラスを開設することを決定しました。
 8  27  創立35周年記念演奏会のチラシが刷り上りました。
 6  1  定例の運営委員会の後、HPを見て入団された若い方等新入団員の歓迎昼食会を開催し、
先生から激励のお言葉をいただきました。
 5  28  1周年を迎えたOSC傘下のOSCm(メイト)が老人ホームを訪問し初めて演奏「合唱の集い」を披露しました。
 5  26  35周年記念演奏会の演奏曲が決定しました。
【第1部】★ モーツァルト「3つの行進曲」、「アヴェ・ヴェルム・コルプス」、「サンタ・マリア」
【第2部】★ モーツァルト: ミサ曲ハ短調「大ミサ」
 5  5  団員募集の一環としてマエストロによる練習風景を公開し、10名ほどの方が見学に来られました。
3   12  第25回団員総会を開催し、2013年の活動経過、会計報告及び監査報告、2014以降の活動内容、予算案を承認しました。
また団長に岡副 大が選任され運営委員が委嘱されました。
また団のロゴマークを上位4点の中から全員投票により決定しました。
 3  9  モーツァルト:ミサ曲ハ短調「大ミサ」のソリストが決まりました。
【ソプラノ=安井陽子】【メゾ・ソプラノ=林美智子】【テノール=吉田浩之】【バリトン=三原 剛】
2   12  創立35周年記念事業の一環として、団のロゴマークを募集したところ61点の力作が寄せられ、
全団員の投票による選定を開始しました。
 2 12  創立35周年取組曲 モーツァルト:ミサ曲ハ短調「大ミサ」の譜読み練習を始めました。
 2  9  ドヴォルザーク:スターバト・マーテル演奏会を京都コンサートホールで行い、多くのご来場をいただき好評を得ました。

          
 1  26  守口市民会館さつきホールにてソリストと合わせ練習を行いました。
 1  1  創立35周年に向けホームページをリニューアルしました。
 2013年
 12  25  今年最後の練習日をささやかなクリスマスパーティーで楽しく締めくくりました。
 12  23  マエストロのご指導による特別練習を行いました。
 12  4  京都コンサートホール発行・コンサート紹介案内誌及び枚方合唱協会加盟団体に「スターバト・マーテル」演奏会のPRを
行いました。
 11  13  次回取組曲 モーツァルト:ミサ曲ハ短調「大ミサ」の楽譜販売(団員)を始めました。
 11 3,4  マエストロをお迎えし ”ユニトピアささやま”にてドヴォルザーク:スターバト・マーテル演奏会の合宿練習を行いました。

         

 10  27  ’13ひらかた市民合唱祭に出演しドヴォルザーク:スターバト・マーテル第3曲を演奏しました。
16  高槻カトリック教会でマエストロご指導の練習を行いました。
 また運営委員会後、先生方をお迎えし全スタッフで団員募集・OSCm(メイト)立ち上げのご苦労さん会を催しました。
26  新入団員の歓迎昼食会を開催し、先生方から歓迎の言葉、OSCの素晴らしさやアドヴァイスをいただく等、
 和やかな昼食会となりました。
 OSC傘下の新コーラスグループ OSCm(メイト)がスタートしました。
 次回演奏会の取組曲 ドヴォルザーク:「スターバト・マーテル」(悲しみの聖母)のソリストが決まりました。
20  第24回団員総会を開催し、2012年の活動経過、会計報告及び監査報告、2013年以降の活動内容、
 予算案を承認しました。
 1  9  次回演奏会の取組曲 ドヴォルザーク:「スターバト・マーテル」(悲しみの聖母)の譜読みを始めました。
   2012年
 12     ・ 30周年記念誌が出来ました!
  大阪シンフォニック クヮイアは創立して30年の節目を迎え、この4月には記念演奏会も成功裡に終えることができました。
  これを機にこれまでの活動内容などを残そうと計画し、この度‘OSC 30周年記念誌’を発刊しました。
  枚方の地で小さな産声を上げてから今日まで30年間で延べ1,700余名の方々の参加で築き上げられてきた
  貴重な足跡が載せられています。
 12 26  ご家族、ご友人の皆さんに日頃の感謝の気持ちで演奏会を企画し
 「OSCファミリー感謝祭」をメセナひらかた会館で行いました。
 11 25  一休寺(国の重要文化財指定)・京田辺ウオーキングで交流を深めました。
  10  12ひらかた 市民合唱祭に出演し、オラトリオ「聖パウロ」作品36Herr,der du bist Gott を唄いました。
 10 27  京都コンサートホールにおいてメンデルスゾーン:オラトリオ「聖パウロ」の演奏会を行い、
 多くのご来場を頂きました。
 8 12  定例の運営委員会を開催し、今後の取組曲としてドヴォルザーク:「スターバト・マーテル」
 悲しみの聖母と決定しました。
28、29  秋の演奏会「聖パウロ」の成功に向け、丹波路「ユニトピアささやま」にて合宿練習を行いました。
   4  始めての試みとして家族の皆さんへ日頃の感謝の意味もこめ、「OSCファミリー感謝祭」を行うこととなり、
 実行委員会がスタートしました。
 6 20  メンデルスゾーン:オラトリオ「聖パウロ」演奏会のチラシが完成しました。
29  第23回団員総会を開催し、2011年の活動経過、会計報告及び監査報告、2012年以降の活動内容、
 予算案を承認しました。 
 2 12 (財)枚方市文化国際財団主催 「ひらかた春を呼ぶコンサート」に出演し、
 ワーグナー歌劇から名合唱曲ほかを歌いました。

               

   2011年
 12    「花と音楽ひらかたライフ」(FMひらかた)に出演。
「ひらかた春を呼ぶコンサート」についてのトークが放送されました。
11 12  ’11ひらかた 市民合唱祭に134名が出演し、
 メンデルスゾーン:オラトリオ「聖パウロ」第15曲
 起きよ、光を放て、主の栄光があなたの上に現れる・・・を唄いました。
10 22、23  秋の丹波路「ユニトピアささやま」にて合宿練習を行うと共に団員の懇親を深めました。

               

25  新入団 8名と先生方、運営委員出席のもと、恒例の新人歓迎昼食会を催しました。
   10月22・23日の合宿練習に向け、企画・実行・運営を担当する実行委員会が発足、活動を開始しました。
24  「枚方市民合唱祭」でのOSCの指揮を石原祐介先生にお願いし演奏曲目は、
 メンデルスゾーン:「聖パウロ」の15番と決まりました。
11  「ひらかた 春を呼ぶコンサート」用の楽譜が出来ました。
23  東日本大震災の義援金(184,000円)を枚方市福祉総務課に持参しました。
  20  メンデルスゾーン「聖パウロ」の練習が始まりました。
  10  ザ・シンフォニーホールにてブラームス:「ドイツ・レクイエム」演奏会を行いました。
2 2  第22回団員総会を開催し、2010年の活動経過、会計報告及び監査報告、2011年以降の活動内容、予算案を承認しました。
  2010年
 12 1  ブラームス:「ドイツ・レクイエム」演奏会のチラシが完成しました。
 11 1  OSCのこれまで30年間の貴重な足跡が満載された「30周年記念誌」が出来上がりました。
 9 23  今回20名の方が新たに入団され先生方や運営委員と共に新入団員歓迎昼食会を開催しました。
 7 24、25
 自然に囲まれた丹波篠山の休暇村にて合宿練習を行いました。
 6 26  枚方市長はじめ来賓の方々をお迎えし「創立30周年記念パーティー」が堂島ホテルで盛大に開催されました。
  23 「創立30周年記念文集」が完成しました。
 5 10  枚方市広報課の取材を受け『公報ひらかた 6月号』に英国での30周年記念演奏会の記事が大きく取り上げられました。
 4 28  次回演奏会の取組 ブラームス「ドイツ・レクイエム」の練習を始めました。
  16  英国遠征を行い、ハダスフィールド合唱協会とのヘンデル :オラトリオ「ユダス・マカベウス」の
 演奏会は大好評を得ました。
 アイスランドの火山噴火の影響で足止めされましたが、24日全員無事帰国しました。
 4    ・ 英国演奏会の記事が英国の日刊紙に掲載されました。

              


   京都コンサート 大ホールにて 創立30周年記念演奏会
 ヘンデル :オラトリオ「ユダス・マカベウス」の公演を行いました。
 3 17  枚方市広報課から「ユダス・マカベウス」の演奏会について取材を受けました。
 4月英国ハダスフィールド合唱協会との共演につき練習状況等取材を受けました。
 2  「第21回 団員総会」を開催し、団長に岡副 大を選任すると共に、
 2009年の取組経過及び、2010年以降の取組方針が承認されました。
 1 16  「ユダス・マカベウス」のチケットを発売しS席が完売となりました。
     2009年
 12 23  「ユダス・マカベウス」の取組で新たに12名の方が入団されました。
 湯浅先生にもご出席いただき運営委員も同席して歓迎昼食会を行いました。
   9  創立30周年記念演奏会 ヘンデル:「ユダス・マカベウス」のチラシが刷り上がりました。
 11  1  先生方・運営委員・協力委員の交流促進等を兼ね懇親小旅行(10月31日〜1日)を行いました。
 10 18  ユダス・マカベウス英国合同演奏会参加希望者のオーディションを行いました。
 9 23  ユダス・マカベウス 昼組・夜組休日合同練習。
 8    ユダス・マカベウス英国合同演奏会(2010年4月16日)の参加希望アンケート調査を実施。
     Judas Maccabaeus  CD  ・ パート別練習用CDの斡旋販売(団員向け)
 7    ユダス・マカベウス演奏会(2010年4月4日)の独唱者が決まりました。
 ソプラノ:平松 英子、アルト:寺谷 千枝子、テノール:望月 哲也、バリトン:福島 明也。
 6  3   団員募集を行い、17名の方が入団され175名(6月3日現在)となりました。
 5     毎日新聞社の取材を受けました
 5月23日(木)の夕刊に掲載。「英国で響けOSC 枚方の合唱団 30周年で来年4月演奏会」
 2010年4月、英国 ハダスフィールド合唱団と英国で合同演奏会を予定しており
 ヘンデル:「ユダス・マカベウス」の練習に取り組んでいます。
 5 13   次回コンサートに向け、「ユダス・マカベウス」の練習を再開しました。
   5   京都コンサート 大ホールにて「5月にロシアを歌う」の公演を行いました。
 4 29   湯浅 卓雄先生の総仕上げ練習を一般公開しました。
  26   湯浅 卓雄先生の特別練習を一般公開しました。
  3 25  Handel 「Judas Maccabaeus」の楽譜が届きました。
  20   休日・特別練習を行いました。
   2   ホームページをリニューアルし団員コーナーではミニ・レッスンが出来るようになりました。
  2 18   コンサートチケットの購入予約を受付開始しました。
  11   団員総会を開催しました。
   4   「5月にロシアを歌う」のコンサートチラシが出来ました。
    1   先生方と共に新入団員の歓迎昼食会を開催し親睦を深めました。
     2008年
 7    「音楽の友 ’08」に掲載されました。
  ベートーヴェン:オラトリオ『オリーヴ山のキリスト』
  湯浅卓雄(指揮)
  天羽明恵(ソプラノ)/吉田浩之(テノール)/三原剛(バリトン)
  大阪シンフォニッククヮイア(合唱)
  大阪センチュリー交響楽団 (管弦楽)
  の演奏会についての記事が「音楽の友 ’08」に掲載され
  高い評価を受けました。
     2007年
 8     ・「戦争レクイエム」練習風景が<クラシック・ニュースWEBサイト>に掲載されました。
  2007年8月3日(金)
  大阪での「戦争レクイエム」のためにイギリスから115人が 来日する!
  2007年7月31日(火)
  指揮:湯浅卓雄「戦争レクイエム」大阪でイギリスからも参加を迎え
  平和を願い高らかに!