大阪シンフォニック クヮイア 
Osaka Symphonic Choir        テージ

大阪シンフォニック クヮイア(略称 OSC )は、枚方・大阪を拠点とした、プロのオーケストラと共演することを目的とした混声合唱団です。
当団のFacebook公式ページを立ち上げました。右のQRコードをとスマートホンで読み取るとアクセスできます。



次回演奏会の概要が決定しました。  日時:2023年10月14日(土)14;00開演(予定) 会場:兵庫県立芸術文化センター・KOBELCO大ホール 曲目:モーツァルト「レクイエム」     シューベルト/劇音楽「ロザムンデ」より            「羊飼いの合唱」「狩人の合唱」他 出演者:指揮−湯浅卓雄      独唱−松原みなみ(Sop)*八木寿子(Alt)           宮里直樹(Ten)*池内響(Bar)      管弦楽ー兵庫県芸術文化センター管弦楽団      合唱ー大阪シンフォニッククヮイア  料金:A5000円、B4000円、C3000円、D2000円 (暫定)
 令和4年10月での演奏会では 大阪文化芸術創出事業活動支援補助金交付対象 の認定を受けました。 多くの皆様のご支援に感謝申し上げます。
 

  団長メッセージ

★モーツァルト「レクイエム」、
     来年
10月の演奏会に向け練習スタート!

10月2日(日)ザ・シンフォニーホールでのラター「生命(いのち)の贈り物」日本初演(フルオーケストラ版)演奏会の興奮冷めやらぬ先週、火水木3クラスの練習がスタートしました。演奏会の基本要綱(日程・会場・出演者等)は、10月下旬にはアナウンス致します。もう少しお待ち下さい。その時期に合わせ、団員募集のチラシも作成配布致します。
 コロナ禍は下火傾向になってきつつあります。ラターの取り組みでは、コロナ感染のリスクを避け多くの団員が辞められしたが、徐々に復帰傾向が見られます。先週の練習開始で10名の方が入団されました。そのほとんどの方がコロナ禍で退団されたメンバーの復帰入団です。
第1週を終えた処で総勢128名です。少なくとも150名が本番ステージに出演できるように増やしたく思っています。そのためには160名〜170名の団員総数にする必要があります。ラター演奏会を機に辞められた方も全体の略10%おられます。その挽回、そして増加に転じることが出来るよう、募集締め切りの翌2023年1月まで団を挙げて取り組んで参ります。
 この機会にモーツァルト「レクイエム」を歌ってみようと思われる方(経験されている方、初めての方)どうぞOSCにお出で下さい。何れの方々も同様に大歓迎です。
練習要領は、HP掲載内容をご覧下さいませ。
使用楽譜は、全音楽譜出版社の分(定価1300円+税)です。団で準備しております。
締め切りが過ぎてしまいますと、入団希望が叶わなくなります。募集期間中、なるべく早めにどうぞご連絡下さい。(月の後半に入団される場合は、その月の団費は半額です)
小生宛てお申込み頂きますれば、各クラスに連絡致します。練習会場に直接お出で下さい。

また何なりとお問合せ下さいませ。お電話・メールで迅速にお応えさせて頂きます。

                大阪シンフォニッククヮイア団長 岡副 大(おかぞえまさる)                                090-9110-2591                                    hlkfe503@yahoo.co.jp


来年の演奏会曲目は モーツアルト「レクイエム」です。
10/11(火)より、練習開始しております。入団申し込みは令和5年1月末までとなっております。皆様のご入団お問合せお待ちしております。

練習会場ご案内はこちらをクリック
 入団はいつでも大丈夫です。ご連絡いただくか、直接練習会場へおこしいただいても対応致します。
 募集の詳細は、現在準備中です。
OSCの現在の団員数及び歴史はこちら      

暮らしの中に音楽、心にときめきを・・♪

news新着情報

 情報更新 2022.11.20

   大阪シンフォニック クヮイアのホームページへようこそ。




information

information



 大阪シンフォニック クヮイアは
枚方・大阪を拠点に、広く大阪・京都・兵庫・奈良からのメンバーで構成され
た混声合唱団です。

火曜クラス(寝屋川市他)午前中
水曜クラス(枚方市)夜間
木曜クラス(大阪市各所)夜間
で活動中。

練習再開しております。
→練習会場詳細へ
→練習日程詳細へ
 ご自由に見学へお越しください
 練習会場入り口でお申し出ください。

新型コロナウィルス対策について
マスクを装着の上、団員同士の距離を
とりながら練習します。
指導者と団員との間隔も十分にとって
指導を受けております。
練習場入り口では、体温計測と手指消毒を励行します。