バックナンバーはこちらからどうぞ*

2020年
練習だより2/26 №165

練習だより2/12 №164

練習だより1/29 №163

練習だより1/15 №162

2019年
練習だより12/18 №161

練習だより12/11 №160

練習だより11/27 №159

練習だより11/13 №158

練習だより10/23 №157

練習だより10/9 №156


練習だより9/25 №155

練習だより9/11 №154

練習だより8/28 №153

練習だより8/21 №152

練習だより7/24  №151

練習だより7/10  №150

練習だより6/12  №149

練習だより6/5   №148

練習だより5/22  №147

練習だより5/8   №146

練習だより4/24  №145

練習だより4/10  №144

練習だより3/27  №143

練習だより3/13  №142


練習だより2/27  №141

練習だより2/13  №140

練習だより1/23  №139

練習だより1/9   №138

2018年

練習だより12/19 №137(感謝祭

練習だより12/12 №136

練習だより11/28 №135

練習だより11/7  №134

練習だより10/24 №133

練習だより10/10 №132

練習だより9/26 №131

練習だより9/12 №130

練習だより8/22 №129

練習だより8/8  №128

練習だより7/25 №127

練習だより7/11  №126

練習だより6/27  №125

練習だより6/13  №.124


練習だより5/23  №.123


練習だより5/9  №.122

練習だより4/25  №.121

練習だより4/11  №.120

練習だより3/28  №.119

練習だより3/14  №.118

練習だより2/28  №.117

練習だより2/14  №116

練習だより1/31  №.115

練習だより 1/17  №114

       2017年以前はこちらから





メイト練習だより

9月9日(水)              No166
   

 半世紀前に小松左京が「復活の日」で、ウイルスによる世界大流行(パンデミック)をテーマに書いたことが現実となり、私たちの合唱練習も半年間お休みとなりました。
 しかし、この間大前さんが毎月「特報」を発行して下さったことで、今日40名もの出席者を得て練習を再開することが出来ました。 
 

2019年度会計報告、2020年度予算案の審議等(2時半~3時半)

 
予算案については、半年間の休みで収入が減少し、行事も中止等があり大幅に
 変更する事を含んで承認されました。

2 今日の練習再開にあたり、皆さんの感想をお聞きしました。(集約)
 ①家族に練習を休んだらと云われ、怖くないと言ったら嘘になるが「恐さ半分、
  嬉しさ半分」で出席しました。
 ②
休みが続いて、喉の調子がおかしくなり声が出にくくなり心配していました
  が、練習が再開されて有り難く思います。
 ②「特報」を読むにつけ、早く練習したいと思っていたので大変嬉しく思います

 
※  出席したい気持ちがあっても、色々なご事情でお休みをされた方もおられ
  ると思います。焦らず、出席出来る日を楽しみにお過ごし頂きたいと思います


合唱練習(3時半~4時半)
  茂子先生より、再開にあたり喜びのご挨拶を頂いた後、ご結婚された津田先生
 にインタビューをしていただき、お祝いに「瀬戸の花嫁」を合唱しました。

 ①北原白秋「五十音」を、言葉を噛みしめながら読みました。
 ②「こんにちは」を久しぶりに唄いました。

 「1」 「四季の雨」・・ 文部省唱歌
   ①雨の情緒を感じながら、クレッシェンド、デクレシェンド、(mp)や(f)を
   活かして唄いましょう。
「2」 「みあげてごらん夜の星を」
  ①3頁の「ささやかな」の「か」と「な」が切れたような唄い方にならない
   ように気を付けましょう。
  ②4頁の「ないさ」の「さ」は、やわらかな声で上げるようにしましょう。

「3」 「大地讃頌」を「コロナ」に負けないように、大きな声で唄って今日の
  練習は終わりました。
 

                               (小原記)