本文へスキップ

大阪シンフォニック クヮイア Osaka Symphonic Choir (OSC)

練習指導者 プロフィール


 石原 祐介 (いしはら ゆうすけ)
   京都市立芸術大学、同大学院声楽専攻を卒業、修了。卒業時に音楽学部賞を受
賞、同大学主催の卒業演奏会に出演。第21 回飯塚新人音楽コンクール声楽部門
第2位。
これまでに「第九」、「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」、フォーレ「レ
クイエム」、「カルミナ・ブラーナ」や「ドイツ・レクイエム」などのバリトン独
唱を務める。オペラでは、「フィガロの結婚」、「ドン・ジョヴァンニ」、「椿姫」
や「ラ・ボエーム」などに主要な役で出演。その他、神戸市混声合唱団コンサー
トマスター、京都市立芸術大学音楽学部非常勤講師を歴任。
合唱音楽の分野では、世界合唱連合(IFCM)主催World Youth Choir、World
Chamber Choir 日本代表メンバーとして、アジア、ヨーロッパでのセッション
に参加。現地での演奏会に出演。また、久石譲ジルヴェスターコンサート、久石
譲&ワールド・ドリーム・オーケストラ、佐渡裕指揮兵庫県立芸術文化センター
開館15 周年記念演奏会の合唱指揮を務めるなど、様々なオーケストラ公演の合
唱指揮者を務めている。
現在では、10 人未満の少人数のアンサンブルから100 人以上の大合唱までの
様々な規模の合唱や、混声合唱だけでなく、女声合唱、男声合唱などの様々な形
態の合唱の指導に携わっている。
声楽を灘井誠、山口はやとの各氏に師事。指揮法を青木邦雄氏に、合唱指揮を
吉村信良氏に師事。T.カリュステ氏、E.オルトナー氏、T.パブロヴィチ女史、田
中信昭氏、松原千振氏、大谷研二氏による合唱指揮マスタークラスを修了してい
る。
現在、日本センチュリー合唱団指揮者。日本合唱指揮者協会会員。男声合唱団
ARCHER トレーナー。京都バッハ合唱団団員。アンサンブル・ガウディウム主
宰。合唱指導を務めた飯森範親指揮「ドイツ・レクイエム」のCDが
マイスター・ミュージックより発売中。

公式ホームページはこちらhttps://ishiharayusuke.amebaownd.com/
      






 松原 友 (まつばら とも)
   大阪府出身、東京芸術大学卒業。同大学院修了。ロームミュージックファンデーション、野村財団奨学生としてミュンヘン音楽大学院、ウイーン国立音楽大学リート・オラトリオ科卒業。第14回松方ホール音楽賞、第81回、第83回日本音楽コンクール第3位・岩谷賞(聴衆賞)、第71回文化庁芸術祭新人賞受賞。東京藝術大学、武蔵野音楽大学、大阪教育大学、大阪音楽大学、同志社女子大学、相愛大学、相愛高校、夕陽丘高校音楽科、各非常勤講師。東京二期会会員。桃山ムーンコール音楽監督、京都大学ハイマート合唱団、大阪大学混声合唱団ヴォイストレーナー。サントリー一万人の第九合唱指導者。2019年12月ALM RecordsよりCD「シューベルト歌曲集」発売。

公式ホームページはこちらhttps://tomo-matsubara-musik.com
                 


 端山 梨奈 (はやま りな)

   
   大阪音楽大学卒業。京都市立芸術大学大学院を首席で修了、大学院賞を受賞。
2008年「フィガロの結婚」スザンナ役でオペラデビュー。
「魔笛」夜の女王、「ボエーム」ムゼッタ、「愛の妙薬」アディーナ、
「子どもと魔法」火、姫、うぐいすなど多数のオペラに出演。
ベートーベン「第九」、ブラームス「ドイツ・レクイエム」、
フォーレ「レクイエム」等のソプラノソロを務める。
NHK-FM「名曲リサイタル」、NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部〜
魅惑のミューズたち〜」に出演。現在、神戸市混声合唱団団員、
日本センチュリー合唱団ヴォイストレーナー、大阪音楽大学付属音楽院、
大阪成蹊女子高等学校音楽コース各講師。
   










 
このページの先頭へ